:月額1000円、動画の量が豊富なのが魅力。どんなにプログラミングのモチベーションが下がっても戻ってこれるのはドットインストールのおかげ。

作る楽しみはここが教えてくれる!

月額料金980円オブジェクト、クラス、メソッド等基本的なことを学べる。おそらく多くのエンジニア志望者はこれから始めると思われる。
:月額1078円とても詳しく説明してくれるがJavascriptを学ぶ講座は少ない。ドットインストール、Progateに続いてやっていいサイトだと思う。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

SEO対策からビジネス相談まで!500円から買えるココナラ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

テレビや新聞、雑誌で注目のココナラ! SEO対策、ビジネス相談、キャリア相談など、登録料は無料で、全て500円~で お願いできる!

価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも? あらゆるお困りごとはココナラにお任せ!

https://coconala.com/

   

↓↓↓こちら私の招待コードです。こちらから登録すれば300Pointゲット(300円分)

 

ご招待

   
 

Swiftを学べるスクールで入会金は現在ならたったの3000円、サポート費用は月額500円という激安スクールです。

今後私の記事で登場するかも!?

iOSエンジニアを目指す

 
freeks :月額9800円転職の相談も載ってくれる格安プログラミングスクールです。 施設使用料はこの月額使用料さえ払っていれば使えます。 300社に及ぶ提携先企業からあなたに合う企業をご提案してくれるらしい。 日本帰ったらここに通うかもしれない。

 
:月額7800円2021/2月20日から通い始めました。 完全オンラインで、PHPを学びはじめました。 途中からの参加なのでいきなりPHPの条件分から始めています。 進度はゆっくり目なので、ついていけること間違いなし。

LINK:箕面プログラミング

 
:入会金49,800円 月会費3,980円と業界では安め。 最大の特徴は塾内限定で未経験向けの案件紹介があるとのこと。 その経験を積むだけでも本塾には所属する価値があるかもしれません。

LINK:古里塾

 
:コードペンみたいに実際にコードをっ打って勉強できます。ヒントが少ないので難しめです。無料で結構勉強できるので有難いです。

LINK:CODEPREP

 

AWSにチャレンジ(SSH接続編)

言わずと知れた、お名前.comです。

ウェブサイトを作ろうと思ったらここでドメインを取られている方が多いのではないでしょうか。最初プログラミングをはじめた頃、まずサーバーを借りて、プログラミングして、その結果が携帯成り、PCなりですぐ確認できたのが楽しかったです。

まだウェブサイトを作られていない方はまずここでドメインを取られてはいかがでしょうか。

 

さて、宣伝っぽい奴はさておき、実は先日から伝えていたようにここ最近クラウドサービスに興味を持ち、AzureかGCEかAWSかやろうと思っておりました。

 

結局資料が多そうなAWSに軍配が上がり、昨日登録しまして、SSH接続でトラブって即インスタンスを消すという恥ずかしい思い出があるのですが、本日再度チャレンジして無事SSH接続が完了いたしましたのでそのときのことを書こうと思います。

ちなみに本日だけでこっからApacheのインストールとindex.htmlのアップロードまで成功しましたので、本日の記事だけではなく明日の記事も読んでもらえるとサイコーです。

 

時は2020年の2月26日。私はいつも通りHostingerのインターフェースからせっせとドットインストールやらなんやら勉強をやっておりました。

 

HostingerはCanvasが妙に重くて動かないという点を除き、別段というか、かなり気に入っておりました。

 

ただ、共有レンタルサーバーを利用していたので、自由に何でもインストールできるわけではなく、自由をこよなく愛する私は何か違うクラウドサービスを利用しようと思っておりました。

 

Hostingerでやろうと思ったらVPSということになるのですが値段も高いので、これはAWSかGCEでもやろうかと。

 

ちなみにクラウドサービスを利用することで、私が狙っているナレッジは以下の通り。

クラウドを扱った経験(AWS,AZURE,GCE)

②サーバーの知識

③データベースの知識

④環境設定

リナックスOSを入れた場合の各種コマンドの取得

PHP,HTML,CSS,JavaScript等のウェブ関連プログラミング

⑦ネットワークの知識

 

単に共有レンタルサーバーを使用するよりは上記のように利用した際の負荷が多そうなので是非チャレンジしたかった。

 

さて、AWSですが先にもお伝えしたとおり、SSHがうまくいきませんでした。

私の環境は125USDで購入した一昔のPC(ざっと12年ほど前のHP、2GBのRAM)にWindows7のOSが入った状態なのですが、無事AWSの登録を済ませ、インスタンス(無料枠)を作成。

f:id:tsuyunaruhito:20200227150421p:plain

そこまでは順調でした。

そっからが問題だ。

確認くんを利用して、WAN側の自分のネットワーク環境のIPv4を確認しておきました。

セキュリティグループへ行き、ポート22番と80番に自分からのアクセスのみ有効に接続できるよう穴を開けておきました。

f:id:tsuyunaruhito:20200227153325p:plain


あと、どうもPuTTyというものでSSH接続ができるということ調べればすぐ分かりましたのでそれをダウンロードしました。

インスタンスを作成したときに「tsuyunaruhito」という名前をつけたキーペア「tsuyunaruhito.pem」をダウンロードしました。こいつが実は今後必要になります。

f:id:tsuyunaruhito:20200227152044p:plain

 

PuTTyをダウンロードした際、PuTTygenとかいう奴もついでにダウンロードされます。

f:id:tsuyunaruhito:20200227152903p:plain

まず、PuTTySSHを行う際、本キーペアの拡張子をpemからppkにコンバートしなければなりません。やり方は以下の通りです。

PuTTygenのLoadを押して、既にダウンロード済みのtsuyunaruhito.pemを指定して、クリックパスワードを設定してSave Private Keyを押す。

 

f:id:tsuyunaruhito:20200227153735p:plain

f:id:tsuyunaruhito:20200227154153p:plain

名前を「tsuyunaruhito」として保存すれば以下のようにtsuyunaruhito.ppkが生成されるはずです。

f:id:tsuyunaruhito:20200227155244p:plain

次に、ただのPuTTyへ向かいます。CategoryのSSH->AUTHと向かい、先ほど生成した

tsuyunaruhito.ppkを選びます。

f:id:tsuyunaruhito:20200227155621p:plain

次にCategoryの中のSessionへ向かい、インスタンスIpv4パブリックIPをHostNameのところにコピペしてあげましょう。その後ENTERを押してください。

f:id:tsuyunaruhito:20200227160008p:plain

すると、真っ黒な画面が出てきます。

User名を確認されますので、そこは[ec2-user]と打ってください。

あと、パスワードをPuTTygenのところで設定した場合は、そこでパスワードも打ってください。

f:id:tsuyunaruhito:20200227160259p:plain

おめでとうSSH接続完了です!!!!!

 

いやーここまでかなり、紆余曲折しました。

いけるとすんなりいけるんですが、初めてだと苦労するかもです。

次は(Apacheのインストール、index.htmlのUpload)までを記事にいたします。

お楽しみに。

 

下記、最近の記事を添付しております。ご確認よろしくお願い致します。

interier.hatenablog.com

interier.hatenablog.com

interier.hatenablog.com

 

 

ツイッターを真剣にはじめて、早1年。現在約708人の方にフォロー頂いております。

こんなアホたれと付き合っていただき、感謝の気持ちがたえません。

ありがとうございます!!!!

 

今後も私と絡んでくれる方がいらっしゃいしたら、是非以下フォローお願い致します。

↓↓↓↓↓

 

 

この記事を読んで、ドメインをとりたくなった方がいるのではないかと親切にも下記広告を貼っておきます。 

 

読者登録をしていただけると大変助かります。

 
 本サイトが参考になったらクリックをお願いします。

  にほんブログ村 にほんブログ村へ 

 

-----------

PuTTyといえば、昔Ping-Tにも問われました。

おそらくCCNAで出る可能性ありです。

PuTTyを使用しましょう。あ、いやお好きにどうぞ。 

interier.hatenablog.com