ネットワークエンジニアで高きを目指せ(サイバージャヤ、マレーシア)

世界を股にかけて転職する男(マレーシア<ー>ベトナム)

:月額1000円、動画の量が豊富なのが魅力。どんなにプログラミングのモチベーションが下がっても戻ってこれるのはドットインストールのおかげ。作る楽しみはここが教えてくれる!
月額料金980円オブジェクト、クラス、メソッド等基本的なことを学べる。おそらく多くのエンジニア志望者はこれから始めると思われる。
:月額1078円とても詳しく説明してくれるがJavascriptを学ぶ講座は少ない。ドットインストール、Progateに続いてやっていいサイトだと思う。
location location location location location location location location location location location location location location location location location location location location

XamppでインストールしたMySQLでテーブルを作った。

XamppでインストールしたMySQLでテーブルを作った。

 

前書き

Xamppを入れればPHP,MySQL同時にインストールできて超勉強できるじゃん!って実際入れて勉強されなかった方いますよね。おそらくは導入してもどう使えばいいのかわからなかったからかと思います。今回の記事は前回の記事の続きて、MySQLのテーブルを作るところまで説明いたしました。 

下記、コマンド集も辞書的に扱ってもらえると幸いです。

docs.google.com

 

本記事で分かること

 ☆前回の簡単な復習

 ☆テーブルの作り方

 

あ、応援してくださる方は下記、ポチっていただけると助かります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

今週のお題「2020年上半期」7月ももうすぐ終わりですね。給料日まであと2日。。。霞を食って凌ぐしかねぇー。

 

■軽く前回の復習

前回データベースを作るところまでやりましたよね。コマンドプロンプトを開いて

mysql -h localhost -u root -p」を打ち込み、パスワードを打ってmysqlに接続しましょう。

その後、「show databases;」を打って、どんなデータベースがあるか確認して、

「create database beppu default character set utf8 collate utf8_unicode_ci;」

で作っておいてください。

詳細を知りたい方は下記の記事をご確認ください。

interier.hatenablog.com

 

■作ったデータベースのテーブルを編集する。

さて私はbeppuというデータベースを作ったわけですが、そのデータベースのテーブルを編集していこうと思います。

下記コマンドで使うデータベースを指定してください。

「use beppu;」

f:id:tsuyunaruhito:20200727231142p:plain

次に下記コマンドでどんなテーブルになっているのか確認します。

「show tables」

まあ結果はわかっちゃいますが・・・・

f:id:tsuyunaruhito:20200727231254p:plain

当然ですが中身がないんで、空っぽと言われちゃいました。

 

じゃあテーブルを作っていきましょう。下記コマンドを打ってください。

「CREATE TABLE onsen (id INT, name VARCHAR(100));」

f:id:tsuyunaruhito:20200727233020p:plain

これで実はテーブル完成です。きちんと説明します。

下記赤字はテーブル名です。今回はbeppuというデータベースにonsenというテーブルを作りました。

CREATE TABLE onsen (id INT, name VARCHAR(100));

実際テーブルが作られたか確認してみましょう。

f:id:tsuyunaruhito:20200727233513p:plain

はい、無事onsenというテーブルが作成されていますね。

CREATE TABLE onsen (id INT, name VARCHAR(100));

 idとnameというテーブルの中のカラムを作りました。

つまり、テーブルを作るときは、A(X1 Y, X2 Y);という書き方でテーブルの中身を構成します。

CREATE TABLE onsen (id INT, name VARCHAR(100));

 idと、nameの後ろにあるのはデータ型です。INTは整数を表し、VARCHARは文字列を表します。VARCHARの後ろの(100)というのは扱える文字数のことです。

INTは標準で(11)が入っています。

さて、今度はこのテーブルの中を見たくなりますよね。

下記コマンドを打てばテーブルの中を確認することができます。

「show fields from onsen」

f:id:tsuyunaruhito:20200727234839p:plain

create table onsen (
id INT,
name VARCHAR(100)
);

 

こちら打つとどうなるか想像つきますでしょうか。

create table hometown (matsuyama VARCHAR(10), beppu VARCHAR(10),hochiminh VARCHAR(10), cyberjaya VARCHAR(10));

f:id:tsuyunaruhito:20200729005431p:plain

簡単ですよね?上記のようになります。

ここでMySQLを動かす上でヒントを一つお伝えします。コマンドプロンプトで書く際は、うっかり上ボタンやら押してしまうと折角いっぱい書いたので全部消えてしまい今までの打ったコマンドに変わったりしてしまいます。そういうのを防ぐために一旦Notepadなどに書いてCopy&Pasteしたほうが書きやすいですよ。

 

終わりに

今回は前回の簡単な復習と、実際にMySQLでテーブルを作ってみました。なるべくわかりやすく書いたつもりです。早くPHPと合わせて本データベースを使いたいのですが,ゆっくり勉強しようかと思います。 

 

 近日中の私のXampp関連記事は以下の通りです。 

interier.hatenablog.com

Xamppを使ってWindowsの方向けのインストール後の設定方法を書いています。

interier.hatenablog.com

XamppでインストールしたPHPの動かし方を書いています。

interier.hatenablog.com

 Xamppを使ってインストールしたMySQLでRootパスワードの設定と、データベースの作り方を紹介しています。

 

勉強に、疲れたらマッサージ!

#######################

972名様のフォロワーがいます

残り28人で記念すべきフォロワー1000人目!

今後とも応援よろしくお願い致します。 

↓↓↓↓↓

 

  

読者登録をしていただけると大変助かります。

 
 本サイトが参考になったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

//////////////////////////////


人気ブログランキング