ネットワークエンジニアで高きを目指せ(東京!原宿)

IT修行中(マレーシア<ー>ベトナム)

:月額1000円、動画の量が豊富なのが魅力。どんなにプログラミングのモチベーションが下がっても戻ってこれるのはドットインストールのおかげ。

作る楽しみはここが教えてくれる!

月額料金980円オブジェクト、クラス、メソッド等基本的なことを学べる。おそらく多くのエンジニア志望者はこれから始めると思われる。
:月額1078円とても詳しく説明してくれるがJavascriptを学ぶ講座は少ない。ドットインストール、Progateに続いてやっていいサイトだと思う。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

SEO対策からビジネス相談まで!500円から買えるココナラ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

テレビや新聞、雑誌で注目のココナラ! SEO対策、ビジネス相談、キャリア相談など、登録料は無料で、全て500円~で お願いできる!

価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも? あらゆるお困りごとはココナラにお任せ!

https://coconala.com/

   

↓↓↓こちら私の招待コードです。こちらから登録すれば300Pointゲット(300円分)

 

ご招待

   
 

Swiftを学べるスクールで入会金は現在ならたったの3000円、サポート費用は月額500円という激安スクールです。

今後私の記事で登場するかも!?

iOSエンジニアを目指す

 
freeks :月額9800円転職の相談も載ってくれる格安プログラミングスクールです。 施設使用料はこの月額使用料さえ払っていれば使えます。 300社に及ぶ提携先企業からあなたに合う企業をご提案してくれるらしい。 日本帰ったらここに通うかもしれない。

 
:月額7800円2021/2月20日から通い始めました。 完全オンラインで、PHPを学びはじめました。 途中からの参加なのでいきなりPHPの条件分から始めています。 進度はゆっくり目なので、ついていけること間違いなし。

LINK:箕面プログラミング

 
:入会金49,800円 月会費3,980円と業界では安め。 最大の特徴は塾内限定で未経験向けの案件紹介があるとのこと。 その経験を積むだけでも本塾には所属する価値があるかもしれません。

LINK:古里塾

 
:コードペンみたいに実際にコードをっ打って勉強できます。ヒントが少ないので難しめです。無料で結構勉強できるので有難いです。

LINK:CODEPREP

 

STPシュミレータを使ってみた

3分間ネットワーキングのウェブサイトの中でSTPのシュミレーターが紹介されているので、ためしに使ってみた。

 

世の中にはネットワークのシュミレーションソフトがあまりに存在しないので、実に貴重なソフトウェアやとおもう。

 

ダウンロードは以下の場所にて可能。

http://www5e.biglobe.ne.jp/aji/3min/ex/sup00.html

もっと!!三分間Networking 特別補講STPシュミレータにて

 

開いてみると以下のような画面となる。

f:id:tsuyunaruhito:20190922004531p:plain

PC二台と、スイッチ三台、サーバーを一台置いて、ARP要求(ブロードキャスト)してみることにした。

 

置き方はパケットトレーサーと同じであった。

アイコン押して、画面のところにクリックすれば置く。

置き方でユーザーの美的感覚が問われる瞬間である。

接続方法は設置した機器をダブルクリックして繋ぎたい機器をクリックすれば接続できる。

一度クリックすれば緑で囲まれる。

f:id:tsuyunaruhito:20190922005111p:plain

二度クリックすれば赤で囲まれるので

f:id:tsuyunaruhito:20190922005210p:plain

この状態で接続したい機器をクリック!

f:id:tsuyunaruhito:20190922005233p:plain

実際に設置してみた。

f:id:tsuyunaruhito:20190922010127p:plain

なお、なんの設定もしない場合、全ての回線は100Mbpsの帯域幅となっていることを理解しておくこと。

賢明な読者は既にお気づきとは思いますが、ケーブルのところにある19というのは、パスコストを表します。

100Mbpsなので、19のパスコストとなっている。

(10Gbpsなら2、1Gbpsなら4、10Mbpsなら100)

f:id:tsuyunaruhito:20190922010424p:plain

 

他にも注意点としては、ルートブリッジの選出には、ブリッジIDで選出されるのですが、ブリッジIDはただの整数となっており、MACアドレスも存在しないので単純にスイッチの下にある番号が低い機器がルートブリッジとして選出される。

 

では、STPを実行してみます。何もないところで右クリックを押すと、全STP実行を選択できるので、実行する。

f:id:tsuyunaruhito:20190922010728p:plain

最初全てのところに旗のようなものが立っています。あれがルートブリッジを表します。これから選出していくことになります。ルートブリッジのポートは全てDPとなりますので、全て緑となっています。

 

さらに放っておくと以下のような状態となります。

f:id:tsuyunaruhito:20190922011242p:plain

赤で丸いところが非指定ポート(NDP)を表します。

青い部分がルートポート(RP)です。

ルートポートに対するポートは指定ポート(DP)となる点注意しましょう。

 

では、今度は回線を変えてみた。

f:id:tsuyunaruhito:20190922011843p:plain

下の回線をぶっといのに変えておきました。

これ10Gbpsのスピードの奴です。

Nuro光のようなスピードですね(あくまで理論値らしいですが)

ぶっといところのパスコストがそれぞれ2となり、100Mbpsの19より格段に低いのでこっちがRPに変更。

そして、細いところの先っぽは漏れなくNDPとなった。

 

さて、ここまで本シュミレーションを紹介しましたが如何でしたでしょうか。

次はパケットトレーサーとかでコマンドを見てみながらこのシュミレーションも使ってみるというのをやってみたいですね。 

 

初学者は一度使ってみて、雰囲気だけでも掴んでみるのにいいのではないでしょうか。

 

気に入った方は下記、ツイートお願い致します。

↑↑↑↑↑↑↑

 

応援してくださる方は下記、クリックいただけると幸いです。

  にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

その他お勧め記事 

interier.hatenablog.com

 

 

interier.hatenablog.com