ネットワークエンジニアで高きを目指せ(市ヶ谷編)

IT修行中(マレーシア<ー>ベトナム⇒日本)

:月額1000円、動画の量が豊富なのが魅力。どんなにプログラミングのモチベーションが下がっても戻ってこれるのはドットインストールのおかげ。

作る楽しみはここが教えてくれる!

月額料金980円オブジェクト、クラス、メソッド等基本的なことを学べる。おそらく多くのエンジニア志望者はこれから始めると思われる。
:月額1078円とても詳しく説明してくれるがJavascriptを学ぶ講座は少ない。ドットインストール、Progateに続いてやっていいサイトだと思う。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

SEO対策からビジネス相談まで!500円から買えるココナラ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

テレビや新聞、雑誌で注目のココナラ! SEO対策、ビジネス相談、キャリア相談など、登録料は無料で、全て500円~で お願いできる!

価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも? あらゆるお困りごとはココナラにお任せ!

https://coconala.com/

   

↓↓↓こちら私の招待コードです。こちらから登録すれば300Pointゲット(300円分)

 

ご招待

   
 

Swiftを学べるスクールで入会金は現在ならたったの3000円、サポート費用は月額500円という激安スクールです。

今後私の記事で登場するかも!?

iOSエンジニアを目指す

 
freeks :月額9800円転職の相談も載ってくれる格安プログラミングスクールです。 施設使用料はこの月額使用料さえ払っていれば使えます。 300社に及ぶ提携先企業からあなたに合う企業をご提案してくれるらしい。 日本帰ったらここに通うかもしれない。

 
:月額7800円2021/2月20日から通い始めました。 完全オンラインで、PHPを学びはじめました。 途中からの参加なのでいきなりPHPの条件分から始めています。 進度はゆっくり目なので、ついていけること間違いなし。

LINK:箕面プログラミング

 
:入会金49,800円 月会費3,980円と業界では安め。 最大の特徴は塾内限定で未経験向けの案件紹介があるとのこと。 その経験を積むだけでも本塾には所属する価値があるかもしれません。

LINK:古里塾

 
:コードペンみたいに実際にコードをっ打って勉強できます。ヒントが少ないので難しめです。無料で結構勉強できるので有難いです。

LINK:CODEPREP

 

IPv4枯渇問題とは

IPv4枯渇問題発生中

IP分散サーバー

 

皆様が当たり前のように使用しているインターネットですが、それを支えている技術にIPアドレスというものがございます。

 

IPアドレスはVersion 4とVersion 6に分かれており、元々はversion 4が使用されていました。

 

実は、このVersion4の枯渇問題がついに現実に起こっています。

”オランダのアムステルダムに拠点を置くRIPE Network Coordination Centre(RIPE NCC)は現地時間11月25日、新規割り当て用のIPv4アドレスをすべて使い切ったと発表した。”

ZD NET Japan以下より引用

https://japan.zdnet.com/article/35146004/

 

Twitterの反応

 ↑つまり、IPv4は約43億程度しか数がないですが、Ipv6はほぼ無限にあります。

 

IPアドレスは元々IANAという組織が所有しており、そこから下へ下へと実際にネットワークを使用するユーザーに渡されます。

その先が我々日本人の場合は、APNIC(Asia Pacific Network Information Centre)つまり、アジア太平洋地域を担当する組織へ、またそこからJPNICという日本を担当する組織へIPアドレスが割り当てられ、そこからNTT ComunicationなどのISPへ渡っていきます。

 

f:id:tsuyunaruhito:20191128155515p:plain

画像はJPNICのHPより参照

上記画像は以下URLより抜粋(https://www.nic.ad.jp/ja/ip/admin.html

 

今回、アジア太平洋という広範囲を担当する組織レベルであるRIPE NCCが所有するIPアドレスが枯渇したということで、ネットワークの世界ではかなり大きな出来事である。

 

なんせ、RIPE NCCという組織が受け持つ地域は、欧州と中東、一部の中央アジア地域とかなり広範囲である。

 

 

今後本地域は、使用が終わったIPアドレスを回収して、再度割り振っていくことになる。

 

さて、ここでIPアドレスとは何ぞやという方のために多少説明したいと思う。

IPアドレスには、前にも若干説明したが、グローバルアドレスとプライベートアドレスの2種類がございます。

 

ウインドウズを使用されている方はウインドウズキーを押したままRを押して、RUNを出してください。それに[cmd]と打ち込むと、コマンドプロンプトという真っ黒な画面が出てきます。

 

そこで、ipconfigと打ち込んでもらえれば、以下のような画面に切り替わると思います。

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスの確認

実は既にIPアドレス6も4も使用していることが分かると思います。

ちなみにこれらのアドレスはプライベートアドレスであってグローバルアドレスではないです。

なぜ分かるかといえば、IPv4の上6桁くらいまで確認すれば大抵分かります。

192.168と来れば、プライベートアドレスです。

172.16-172.31もプライベートアドレス。

10なんて2桁だけ見れば直ぐ分かります。

 

プライベートアドレスは別にISPがくれるわけではありません。

特に価値もありません。それを使用しているからといってインターネットに繋げるわけではありません。実際重要なのはグローバルアドレスと呼ばれるアドレスです。

 

我々が使用しているIPアドレスは、ネットワーク管理者より受け取ったプライベートアドレスをNAT(Or NAPT)を使用することで、グローバルアドレスへ変換してインターネットへ繋いでいます。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。 

interier.hatenablog.com

要するに、Ipconfigで確認できるIPアドレスは、LAN側のインターフェースのIP アドレスなのでプライベートアドレスを見ることができます。

 

ちなみに、Ciscoでいえば以下のコマンドを使用してプライベートアドレスからグローバルアドレスまで変換します。

■overload(NAPT)の設定コマンド

(config)# access-list 1 permit 192.168.1.0 0.0.0.255

(config)# ip nat pool source-nat 203.0.113.1 203.0.113.10

prefix-length 28

(config)# ip nat inside source list 1 pool source-nat overload

簡単に説明しますと、203.0.113.1から203.0.113.10までの10個のグローバルアドレス

192.168.1.0-254までの254台のノードが持つプライベートアドレスを変換するというコマンドです。

今回は、このグローバルアドレスが枯渇したというニュースなのです。

以下、参考記事

interier.hatenablog.com

 

 

IP分散サーバー

 

 

読者登録をしていただけると大変助かります。

 
 本サイトが参考になったらクリックをお願いします。

  にほんブログ村 にほんブログ村へ