ネットワークエンジニアで高きを目指せ(市ヶ谷編)

IT修行中(マレーシア<ー>ベトナム⇒日本)

:月額1000円、動画の量が豊富なのが魅力。どんなにプログラミングのモチベーションが下がっても戻ってこれるのはドットインストールのおかげ。

作る楽しみはここが教えてくれる!

月額料金980円オブジェクト、クラス、メソッド等基本的なことを学べる。おそらく多くのエンジニア志望者はこれから始めると思われる。
:月額1078円とても詳しく説明してくれるがJavascriptを学ぶ講座は少ない。ドットインストール、Progateに続いてやっていいサイトだと思う。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

SEO対策からビジネス相談まで!500円から買えるココナラ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

テレビや新聞、雑誌で注目のココナラ! SEO対策、ビジネス相談、キャリア相談など、登録料は無料で、全て500円~で お願いできる!

価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも? あらゆるお困りごとはココナラにお任せ!

https://coconala.com/

   

↓↓↓こちら私の招待コードです。こちらから登録すれば300Pointゲット(300円分)

 

ご招待

   
 

Swiftを学べるスクールで入会金は現在ならたったの3000円、サポート費用は月額500円という激安スクールです。

今後私の記事で登場するかも!?

iOSエンジニアを目指す

 
freeks :月額9800円転職の相談も載ってくれる格安プログラミングスクールです。 施設使用料はこの月額使用料さえ払っていれば使えます。 300社に及ぶ提携先企業からあなたに合う企業をご提案してくれるらしい。 日本帰ったらここに通うかもしれない。

 
:月額7800円2021/2月20日から通い始めました。 完全オンラインで、PHPを学びはじめました。 途中からの参加なのでいきなりPHPの条件分から始めています。 進度はゆっくり目なので、ついていけること間違いなし。

LINK:箕面プログラミング

 
:入会金49,800円 月会費3,980円と業界では安め。 最大の特徴は塾内限定で未経験向けの案件紹介があるとのこと。 その経験を積むだけでも本塾には所属する価値があるかもしれません。

LINK:古里塾

 
:コードペンみたいに実際にコードをっ打って勉強できます。ヒントが少ないので難しめです。無料で結構勉強できるので有難いです。

LINK:CODEPREP

 

これで安心!冗長化を助けるHSRPについて

どうもこんにちは。マレーシア監視役のものです。

監査役ならよほどかっこいいですが、監視だけやってると聞くとなんとなく不気味な存在ですよね。

日曜日は絶好の監視日和でした。なんせ雨が降っていましたからね。

こりゃ外で遊ぶより監視しているに限ります。

PCの前に座って鳴り響くアラームに、ガタガタおびえながら過ごすわけです。

 

そんな監視も明日終わればようやく休みに入ります。

土日なんてものは監視の世界では幻に過ぎません。その代わり月に4回は3-4連休があると言う現実があります。(12時間営業なんで一日一日はきついですが!)

 

そう、明日は私にとって週?最後の営業日です。

明日さえ終われば4連休と言う花の時間がやってくる。

やることはただひとつ(か、2つか3-4つほど)

勉強!勉強!勉強!

 

私のような素人が監視をやっていて楽しい瞬間があります。

一応現在CCNAの勉強をほぼ毎日やっていると、たまーに「あ、これなんか聞いたことがあるかも」的なパワーワードが業務中に出てきたりします。

 

入社はじめの頃にはすぐにVLAN(Virtual Lan)とか出てくることになるのですが

CCNAの勉強をはじめた頃は、むしろスイッチってなんやってレベルからはじまるのでさっぱりわかりませんでしたが、CCNAの勉強をやっているといつの間にかなぜか馴染み深くなってきて、業務で出会うと「お、また会ったね?元気にしていたかい」なんていう気分になったりならなかったり。

 

そういうちょっとした勉強で出会った専門用語が日常生活で出てくると、なんとなくですが勉強していてよかったなんて不思議な充実感に浸れることがあります。

 

今日も12時間仕事をやって、後半1時間でうつらうつら気を失いそうになりました。っていうかしっかり気を失って、5分くらい記憶がないのですが、その5分がどうも非常に尊いようで、その後はあたかも薬でもやったか?と言う具合にシャキンとしましてその勢いで勉強をやりました。

 

内容はHSRP(Hot Standby Router Protocol)についてでした。

HSRPはデフォルトゲートウェイ冗長化を助けるための仕組みのようなものです。

まず、冗長化とは、例えば1本の紐があったとします。命綱だと思ってください、それが切れた瞬間あの世行きというわけです。たった一本の紐に命を預けるわけですが不安になりませんでしょうか。そこで2本にするわけです。

 

するとどうだろう?あたかも森ビルくらいだったら簡単に登れるような思いに!なれるわけはありませんがちょっと安心ですよね。これを冗長化といいます。なんかの障害に備えてもう一本予備を準備しておくわけです。一本切れてもあの世に召されることにないように準備するわけです。

 

ではデフォルトゲートウェイとは何ぞやという話ですが、まあ扉みたいなもんです。それも正門。裏門とかじゃなくて。ネットワークのマップのようなものを見ると頭が行かれそうになるほど迷路のような図になっていたりします。回線と回線の間にルーターなんていう機器が設置されており、そのルーターがデータをどこにいくべきか教えてくれます。繋がっているからと言ってデータがどこにでもいっていいわけ訳ではないですよね。

 

データの通り道はいろんな行き方があって、そのルートを間違えて設定すると、ユーザーが望んだ場所までデータが届かないかもしれません。デフォルトゲートウェイを設定すると、PCからデータが飛んでとりあえずここへ運んでくれや行き先をきめることができます。そこからまた違う場所へデータが飛んでいきます。

 

じゃあその正門が閉まっていたらどうしましょうか。簡単です。裏門を通ればいいんです。正門の先がトイレかもしれません。出すもの出すためにトイレに向かうのですが扉が壊れて開きません。そこで違う扉を開いていくわけです。お漏らししないように別の扉を準備しておくわけです。安心してトイレに行けるようにしっかり冗長化しましょう。

 

そんな妄想をすることで今日も監視の業務を無事終えることができました。

明日も頑張ろう。

 

応援してくださる方は下記、クリックいただけると幸いです。

  にほんブログ村 にほんブログ村へ